IPランドスケープに活かせる知財分析システムPatentcloudの「Patent Search」と「Patent Vault」製品・操作説明ウェビナー開催

2021/11/18

今回のウェビナーではIPランドスケープに活用できる『AI知財分析システムPatentcloud』の「Patent Search」と「Patent Vault」をご紹介いたします。

Patent Searchは高品質のグローバル特許データベースを備え、AIを活用した特許検索システムツールです。

Patent Vaultはデータや分析レポートをメンバー間で共有するためのワークスペースを提供し、プロジェクトメンバー間で情報共有しやすく、特許の集計・分析機能を通じて大量の特許情報を可視化できるツールです。

このウェビナーではPatent Search と Patent Vaultを利用し、IPランドスケープに活かせる基本的な機能・操作方法について解説いたします。

例えば、IPランドスケープに取り組まれている企業様はこれらの製品を連携することで、自由にカスタマイズした分類軸を作成できるので、より自社のニーズに合わせた分析を行うことが可能です。

また、ウェビナーにご参加いただいた方には、「無料トライアルアカウント1週間」を特典として付けております。

【ウェビナー内容】
Patent SearchPatent Vaultの概要説明
IPランドスケープの仮想事例に基づいた操作説明

【開催日程】
20211221() 1400~1500 予定
ウェビナー後に個別相談の時間を設けております。

【形式】
オンライン(Zoom

【費用】
無料

【セミナーのお申込み】
こちら

Patent Searchの操作画面一例】
<セマンティック検索>
セマンティック検索では、入力内容の文脈の意味を理解することで、関連度の高い発明もしくは技術を得ることができます。

<関連会社検索>
関連企業検索機能では、会社名を階層ごとに関係企業・子会社及び企業別で分類し、シンプルな企業ツリー図で表示します。

Patent Vaultの操作画面一例】
<ベーシック分析>
ベーシック分析では、折れ線グラフ、棒グラフ、円グラフを用いて、簡単に分析することが出来ます。

<アドバンスト分析>
アドバンスト分析では、異なる2つの切り口を軸として分析します。自ら定義したデータを統合・集計することで、ニーズに沿った洞察を得ることができます。

【セミナーのお申込み】
こちら

*上記お申込みURLにアクセスできない場合は、お問合せ先に下記情報を添えてご連絡ください。
(受講希望テーマ(複数可)、会社名、氏名、部署名、役職、メールアドレス)

- お問合せ先:セミナー受付事務局 ip-consulting@scienbizip.jp