特許調査・分析サービス紹介「IPランドスケープ」

技術分野や製品の観点から特許群を分類し、非特許情報と総合的に分析することで、ターゲット領域について包括的な知見を提供いたします。

競合他社分析、M&A分析、アライアンス分析等、様々なシーンに対して分析を行います。

・新規事業探索(用途・研究開発分野など)
・知財ポートフォリオ構築・活用戦略検討
・知財・マーケティング総合戦略検討
・経営環境分析、競合他社動向分析
M&A・アライアンス戦略検討
・知財デューデリジェンス(知財品質・価値評価、リスク分析など)

  • サービスの特長

①日米中台にわたる国際ネットワーク
グループの拠点と連携し、また、日本では入手困難なローカル情報も活用した分析が可能です。

②多様な情報ソースを利用
AI利用の特許データベース、M&A・投資情報を収録したデータベース、および業界レポートなどを活用しております。

③アクティブな分析レポート
構築したデータベースを定期的に更新し、常に最新の結果を得られます。

  • 特許分析サンプル

IPランドスケープについての特許分析サンプルを一部ご紹介いたします。

<特定分野における技術を分析>


分析の目的に応じて技術分類、応用分類などをカスタマイズして構築いたします。



<分類した技術を利用して分析を展開>

構築した技術分類、応用分類などの分類軸を利用し、特定技術分野の出願傾向を様々な観点より分析いたします。



  • 非特許情報を活用した分析サンプル

IPランドスケープについて非特許情報を活用した分析サンプルを一部ご紹介いたします。

<サプライチェーンまとめ>

様々な情報を収集し、特定分野におけるサプライチェーンをまとめ、業界の全体像を把握することが可能です。



<サプライチェーンごとの出願動向分析>

得られたサプライチェーン情報を基に特許分析を展開し、サプライチェーンごとの出願動向を分析可能です。

IPランドスケープについての基礎的な内容は、こちらでもご覧いただくことができます。