Recruitment

ScienBiziP Japan

新しい時代の知財業務品質及び価値を創造

ScienBiziP Japan(SBPJ)は、シャープ株式会社の知財部門が2016年10月に分社独立する形で設立された会社です。
SBPJの社員一人一人は、広範な技術、産業及び知的財産の専門知識を有していますが、様々な顧客の新しい技術・アイデア・製品に対して最高のサービスを提供できるよう、絶えず革新・進歩を求め、サービスのスピードと精度を向上し、顧客と共に、新しい時代の知財業務品質及び価値を創造しています。
SBPJは、日本の知的財産権市場における革新企業として一緒に築き上げて行ってくれる仲間を探しています。そのような熱意のある方からのご応募をお待ちしております。

グローバル知財業界トップ17

SBPJは、英国知財業界誌であるIAMにおいて、「2017年グローバル知財業界における最も影響力のある人物」で17位にランクインした周延鵬 (Y.P.Jou)が社長を務めており、正にグローバルに変革が進む知財業界や知財サービス市場において、最先端の情報や取組に触れ、常に新鮮な風を感じながら日々の業務を行うことが可能です。
SBPJは、知的財産権業務に関する顧客の問題を解決し、顧客の期待を超えるグローバルな知的財産権サービスを“One SBPグループ”として提供することで、日本の知的財産権市場における革新企業になることを目指しています。

グローバル志向の専門家集団

SBPJは、電機メーカーにおける知財活動を長年にわたって担って参りましたので、単に特許・意匠・商標の出願権利化を代行する特許事務所とは違い、企業に於いて必要とされる全ての知財サービスをワンストップで提供するスキルを有した専門家集団です。
また、既に中国、台湾、米国で広範に知財サービスを展開しているScienBiziP Consulting Inc.のグループ企業と連携しており、グローバルなワンストップ・サービスを提供できる点も我々SBPJの強みのひとつとなっています。SBPグループ内での人材の交流により、各国の最新事情や異文化に触れる機会も提供され、互学互習で切磋琢磨する風土も醸成されています。

若手社員の声

K.S

知財プロセキューションセンター

明細書作成、中間業務等、国内外での権利化業務に従事しています。 シャープとのコミュニケーションを取りやすい環境にあり、発明の発掘段階から技術者と連携し、シャープの事業性を加味したより有用な特許を出願できており、今迄にない経験を積んでいると実感しています。 社内の人たちとも風通しの良い環境で充実した毎日を過ごしています。

K.S

知財プロセキューションセンター

O.A

知財コンサルティングセンター

白物家電の特許権利化、他社との係争など様々な業務を経験し、現在は知財コンサル業務の標準化を担当しています。 今まで習得してきたスキルを活かしつつ、最適化・効率化を追求する全社的な取組みを担当している点にやりがいを感じています。 当社は設立間もない会社であり、次々と新しいグローバルな取組みが始まっています。やりたいことをやらせてもらえる文化がありますので、一緒に新しいSBPJを創り上げていきませんか?

O.A

知財コンサルティングセンター